だからいいんじゃないか

私のプライベートブログにも掲載しているのですが・・・

この言葉を気に入ってくださった方がいらっしゃったので、このBCBブログの方にも載せさせていただこうと思いました。

下記は、プライベートブログからの引用です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日常の生活、仕事、人間関係などで、「あっ!やってしまった」「失敗した」などと思うことがあります。実はよくあります(苦笑)。
そして、やってしまったことや失敗したことが頭の中でぐるぐるして離れず、そのことにとらわれ続けることもあります。

昨日出会ったある言葉は、そのようなときにやれることの1つだなあと実感しました。
その言葉は・・・


だからいいんじゃないか

「失敗したのにいいわけないだろう」と「頭」では考えるのですが、呪文のようにそして優しく自分に何度か言うのです。

「だからいいんじゃないか」「だからいいんじゃない」「だからいいんじゃないの」

そうしたら、「脳」の動き方が変わっていくのです。
「いったい何がいいのだろう?」「こんな大失敗のどこがいいんだろう?」

そうやって、自分に疑問を投げかけることで、自分自身がちゃんと答えを見つけてくれるんです。
この失敗から得られるものを・・・。


問題があった時に、それを好転させるための言葉※としては他にもいろいろあります。
私は、それをプリントアウトして会社のデスクの横に貼っています。

 この問題に何か素晴らしいものはあるか?
 まだ完全でない部分はどの部分であろうか?
 この問題を自分の望む報告に好転させるにはどうしたらよいか?
 そのためには何をやめればよいか?
 そのプロセスを楽しめるにはどうしたらよいか?

そして、ここに「だからいいんじゃないか」っていう言葉を加えると、もっと楽しく楽観的に脳が意味のある方向に動いてくれるような氣がしました。


※出展: 一瞬で「自分の夢」を実現する法  アンソニー・ロビンズ著/本田 健訳・解説/三笠書房

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: だからいいんじゃないか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://inochino_atorie.bcb.jp/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/121

コメント(2)

ご自身のブログからの引用ありがとうございました。
私はこの中から、
 「呪文のようにそして優しく」
 「自分自身がちゃんと答えを見つけてくれる」
というのが大きなポイントだと読み取りました。
 茂木健一郎さんの登場で脳科学が身近なものになり、私も博物館で脳の話をお客様にする時の反応が以前より強いものになってきたように感じて居まいした。
 脳は、自分自身を幸福にするように持っていく力を自分自身で持っている不思議な臓器だという感覚が最近生じるようになってきました。簡単な言葉では言い表しにくいのですが、その本来持っている機能にスイッチを入れる方法がきっとあって、私たちはそれにもっと興味を持っていくべきだと考えています。

 ほかにもご自身のブログのほうから、皆さんからフィードバックが沢山あったような書き込みがありましたら、またこれからもご紹介いただけるとうれしいです。
 久しぶりの記事投稿を戴きまして嬉しかったです!

中村さん
コメントありがとうございます。中村さんは博物館で脳のお話をされているんですね?!すごい。
どんなお話をされているのでしょう。

「脳は自分自身を幸福にするようにもっていく力をじうん自身で持っている」っていう感覚、同じかどうかわかりませんが、分かるような氣がします。
その「脳」とうまく協力して、進んでいけたら、きっとすごいパワーがでるのではないかと感じています。

「自分の脳とお友達になる方法」はたくさんもっていたら楽しいですねっ。

コメントする

定満 有紀


サンタフェNLP/発達心理学協会認定トレーナー
現在、会社員をしながら、NLPのセミナーや、カウンセリングなどを行っています。
動物が大好きで、今は、犬、鳥、カメに囲まれて暮らしています。
http://ameblo.jp/with-sky-yuki/

カテゴリ

BCBブログメンバー一覧は、http://www.bcb.jp/facili/bloglist-main.htmlへ。

最近のコメント

2011年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サインイン